公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
・
はじめに
・
情報公開
アクセス
95年宣言
・

獣医師倫理綱領

沿革
・
会員の推移
・
組織と活動内容
・
サイトマップ
イメージ

獣医師倫理綱領の発刊にあたって

■獣医師倫理綱領

 獣医学および獣医療は、動物の疾病の治療ならびに動物の健康の維持 と増進を図ることにより、人の健康で文化的な生活の確保と福祉に寄与 するもので、獣医師はその責務の重要性を認識し、自らの専門知識と 技能を人のため、社会のために役立てるものである。

  • 獣医師は動物の生命を尊重し、人との関わりを深く自覚することによって、平和な社会の発展とより良い環境の確立に努める。
  • 獣医師は職務上の本分を自覚することによって、人の健康で文化的な生活の維持と福祉の増進に努める。
  • 獣医師は動物福祉の精神の基に、動物の苦痛の緩和と身体的障害の軽減に努める。
  • 獣医師は自らの職務に誇りと責任を自覚し、良識ある社会人としての人格と教養を高めるように心掛ける。
  • 獣医師は常に獣医学の知識と技術の習得に努めるとともに、その進歩・発展に尽くす。
  • 獣医師は適切かつ適正な獣医業に心掛けるとともに、互いに尊敬し、連携と協調の下に公正な獣医療の発展に努める。
  • 獣医師は人と動物の絆を尊重し、誠実さとやさしさをもって獣医療の内容をよく説明し、信頼を得るように努める。
  • 獣医師は獣医学と獣医療を通して、社会の発展に尽くすとともに、法令の遵守および法秩序の形成に努める。




 

 

 

 

 

 

 

トップページに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.