公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所

キャンピロバクター症

 カンピロバクターは、人や動物に下痢を起こす細菌の一種です。 人への病原性が明らかとなったのは1970年代に入ってからでした。そして、研究が進むとともに、それまで原因不明とされてきた食中毒の多くが、実はカンピロバクターが原因であったことが判明しました。
 国内の患者数は年間2000名を超え、近年最も発生件数の多い食中毒の原因菌です。

・

1.病原体
 カンピロバクター菌のうち、Campylobacter jejuniおよびC. coliが、食中毒の原因菌として指定されています。発育するためには酸素濃度が3〜15%という特殊な環境が必要であり、酸素を21%含む通常の空気中では発育することが出来ずに死滅します。顕微鏡で観察すると、特徴的なコルク栓抜き状の形態と運動が認められます。

カンピロバクター

Campylobacter jejuniの電子顕微鏡写真(USDA 2008)

2.感染経路
 カンピロバクター症は、汚染された食品や水を口にすることによって発生する食中毒と、感染している動物と接触することによって発生する動物由来感染症に大別されます。  
 いずれも汚染された食品や手指等から、菌を経口摂取することにより感染します。  
 感染力は他の食中毒細菌と比較して強く、数百個の摂取で感染すると言われていますが、空気中では長期間生存できないため、伝染病のように人から人に感染することは滅多にありません。

3.症状
 ヒトが感染した場合、平均2〜5日の潜伏期間を経て、下痢、腹痛、発熱等が見られます。小児の場合は血便をすることもあります。
 ごくまれに、カンピロバクター症に感染したことがきっかけとなって運動神経が障害され、手足が麻痺するギラン・バレー症候群を発症する人がいることが明らかとなっています。 
  牛、豚、鶏などの産業動物及び犬、猫などの小動物にも保菌が確認されており、多くは無症状ですが、子犬、子猫、ハムスターでは下痢を起こすことが報告されています。  

4.治療
 自然治癒することが多く、軽症の場合は補液や整腸剤等の対症療法が中心となります。必要に応じて抗生物質が投与されます。

5.予防
 食中毒の原因食品としては肉類が多く、特に牛の生レバーや鶏肉は、カンピロバクター菌に高率に汚染されているがことが報告されています。
 普通の加熱調理でカンピロバクターは死滅するので、食肉は加熱が不十分にならないようにし、生肉に触れた手や調理器具による二次汚染にも注意しましょう。
 動物由来感染症としては、下痢をしている子犬と接触したことによる感染例が報告されています。動物と接触した後は、手洗いを十分に行いましょう。

狂犬病高病原性鳥インフルエンザウエストナイル熱(脳炎)重症急性呼吸器症候群(SARS)パスツレラ症猫ひっかき病ブルセラ病レプトスピラ症真菌感染症
エキノコックス症回虫症ツツガムシ病オウム病Q熱疥癬(かいせん)カンピロバクター症クリプトスポリジウム症野兎病サルモネラ症土壌病(炭疽、破傷風)トキソプラズマ症日本脳炎結核腸管出血性大腸菌症

 

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.