公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所

公衆衛生に携わる
獣医師について

公衆衛生に携わる獣医師の仕事は、食品衛生分野及び環境衛生分野並びに飼育動物の愛護及び保護管理分野等広範囲にわたります。
ここでは、千葉県、千葉市、船橋市及び柏市で公衆衛生に携わる公務員の獣医師の仕事を紹介します。

食肉衛生検査所に勤務する獣医師

■ 食肉衛生に携わる獣医師は、消費者のもとへ安全な食肉を届けるために、「食肉の安全のエキスパート」として、専門知識を生かして活躍しています。

食肉衛生に携わる獣医師 県内には、千葉県が設置する3ヶ所の食肉衛生検査所、千葉市が設置する食品衛生検査所、柏市の設置する柏市保健所があり、ここに勤務する獣医師は、と畜検査及び食鳥検査等を実施しています。
 と畜検査は、「と畜場」において牛、豚等の家畜の生きている状態や解体処理された枝肉、内臓等を検査し、食用に供せない疾病や異常部分の有無を確認します。また、必要に応じて検査所においてさらに細菌検査、病理検査、理化学検査等の精密検査を実施しています。なお、牛海綿状脳症(BSE)のスクリーニング検査についても獣医師等が行っています。
 食鳥検査は、「食鳥処理場」で食用として処理されるニワトリ等について、と畜検査と同様の検査を行っています。
 さらに、獣医師は、牛や豚が解体処理される過程で、食用となる部分が食中毒の原因となる細菌等で汚染されないよう衛生的な処理の指導や、食肉の残留抗菌物質及び残留農薬等の検査も行っています。
 これらの検査により、食用に適した安全な肉が市場へ流通することになります。

・


保健所に勤務する獣医師

■ 保健所に勤務する獣医師は、狂犬病予防・動物愛護・食品衛生、環境衛生・検査・企画調整等の各業務に従事しています。

 千葉県内には、県が設置する13の保健所・2地域保健センター・1支所、千葉市の設置する千葉市保健所、船橋市の設置する船橋市保健所及び柏市の設置する柏保健所があります。
 動物関係の業務としては、犬・ねこ等の動物の飼い主等に対する正しい飼い方の指導、ペットショップ等の動物取扱業者の指導、危険な動物の飼養・保管状況の立入検査、動物由来感染症に関する住民への注意喚起等を行います。
 食品衛生関係の業務としては、レストラン・食堂等の飲食店の監視指導をはじめ、スーパー・コンビニ等に並ぶ弁当、牛乳、菓子等さまざまな食品について製造、加工、流通、販売の各過程で監視、検査、衛生指導を行い食品の安全確保に努めています。
 その他にも、食品や飲料水に関する検査及び危機管理対応等を調整する等、獣医師の職域は広範囲にわたっています。

・


動物愛護センター等に勤務する獣医師

■ 動物愛護センター等に勤務する獣医師は、動物愛護普及事業や動物による危害防止事業、動物に関する調査研究等を行なっています。

 県内には、千葉県動物愛護センター、千葉市動物保護指導センター、船橋市動物保護指導センター、柏市保健所があり、各機関で同様の業務を行っています。
 これらセンター等では、動物愛護週間行事やしつけ方教室、動物愛護教室等を実施し、動物愛護精神の普及・啓発活動を行うとともに、負傷した動物の保護や、やむを得ない理由で飼えなくなった犬及びねこの引き取り、収容した動物の譲渡等を行っています。
 また、人等への危害防止のため、係留されていない犬等の保護収容を行っています。
 この他にも、動物由来感染症の調査研究等、専門知識を生かした幅広い業務に従事しています。

また、動物保護管理協会にてペットの里親探しを行っております。
 →千葉県動物保護管理協会

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.