公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
ペット関連情報
写真
・
お知らせ
・
ペットの殿堂
・
ペットの予防
・
狂犬病予防
・
不妊助成事業
・
ペット豆知識
学校飼育運動
イメージ

犬と猫の伝染病とその予防法

■犬と猫の伝染病とその予防法

伝染病の予防は感染動物や感染した汚物に接触させない事が原則ですが、直接接触しなくても、くしゃみや咳などを介して空気伝播する事がありますので予防注射(ワクチン)の接種をお勧めします。 
 なお予防注射の接種計画はその地域における伝染病の発生状況、注射薬の種類、犬の年齢(あるいは月齢)などにより様々ですので詳しくは動物病院で御相談下さい。

犬の伝染病
予防注射により予防可能な犬の伝染病を記します。

●犬ジステンパ−:とてもうつりやく死亡率も高い病気です。症状は発熱、鼻汁、目やに、咳、あるいは脳炎をおこして、てんかん様発作を生じる事があります。
●犬伝染性肝炎:発熱、嘔吐、下痢、黄疸などをおこし、劇症肝炎を発症すると急死する場合もあります。
●犬アデノウイルスII型感染症:咳、肺炎などの呼吸器症状を呈します。
●犬パラインフルエンザウイルス感染症:咳、くしゃみ等の呼吸器症状を呈します。
●レプトスピラ感染症:黄疸、下痢、嘔吐、血便、腎臓病などを発症します。なおこの感染症は人畜共通感染症です。
●犬コロナウイルス感染症:下痢、嘔吐などの消化器症状を呈します。
●犬パルボウイルス感染症:発熱、嘔吐、下痢あるいは血便を呈します。
●狂犬病:激しい脳炎を生じて死亡する病気です。狂犬病予防法により年1回の接種が義務付けられています。

・

猫の伝染病
予防注射により予防可能な猫の伝染病を記します。

●猫ウイルス性鼻気管炎:発熱、くしゃみ、鼻水、目やになどが出ます。
●猫パルボウイルス感染症:発熱、嘔吐、下痢、あるいは血便を呈します。
●猫カリシウイルス感染症:発熱、くしゃみ、鼻水、咳、口腔内の潰瘍などをおこします。
●猫白血病ウイルス感染症::血液のガンともいわれる白血病、あるいは腫瘍や免疫低下を引き起こします。
●猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ):免疫低下を引き起こし発熱、肺炎、なかなか治らない膿など様々な症状を呈します。人には感染しません。

残念ながら以下の伝染病に有効な予防注射は現在ありません。また完全に治す事も不可能な
病気です。従って感染猫と接触させない、外に出さないことなどが予防措置となります。

●猫伝染性腹膜炎:発熱、おなかや胸に水がたまったり、黄疸などを呈します。

 

伝染病の予防ノミ・ダニの予防皮膚病の予防肥満による病気と予防口臭・歯石の予防フィラリア・寄生虫の予防

トップページに戻る

Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.