公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
ペット関連情報
写真
・
お知らせ
・
ペットの殿堂
・
ペットの予防
・
狂犬病予防
・
不妊助成事業
・
ペット豆知識
学校飼育運動
イメージ

皮膚病

犬の皮膚病

 皮膚病の原因としては、外部寄生虫による二次的な細菌の感染症、真菌の感染症、アレルギー、内分泌疾患(ホルモン等)、免疫介在性疾患、先天性疾患があります。又、角化症と呼ばれる皮膚表面の異常による皮膚病もあります。それとは別に皮膚にできる腫瘍も皮膚病の範疇にはいるかもしれません。子犬の時になりやすい皮膚病としては、蚤や疥癬と呼ばれる小さなダニによって惹き起こされる二次的な感染症が一番多く毛包虫の感染も多く認められます。
 二歳を超えると一般的にアレルギーと言われるアトピー性皮膚炎などが認められ目の周りや口の周り耳周辺に強い痒みを惹き起こします。飼主さんは、よく食事のアレルギーに関して心配されていますが食事アレルギーの判定は残念ながら困難なので、普段から特定なもの以外のものを食べさせるのは控えたほうがいいでしょう。七歳を超えると今度は内分泌疾患と呼ばれるホルモン異常の甲状腺機能亢進症やクッシング症候群などが認められてきます。ホルモン異常は血液検査等をしなければならないことが多いでしょう。
 皮膚病にかからないようにするポイントは、よく犬種の特性や年齢を考えてスキンケアコントロールを考えてあげることが大切です.シャンプーの頻度もフケがたくさん出ていないかで回数を決めることも大切ですし、洗い方にもシャンプー選びにも注意を払わなければなりません。普段から飼い犬の皮膚をよく観察し寄生虫などがいないかや、皮膚が荒れて毛に光沢がないか診てあげることが大切です。

猫の皮膚病

 皮膚病の原因としては犬と同様蚤や疥癬などの外部の寄生虫の二次的感染症や真菌の感染、内分泌疾患、免疫介在性疾患に付随するものなどが一般的に目にするものでしょう。 アレルギーの判定に関しては犬と違って難しいとされています。精神的なストレスによって過剰なグルーミングが起きる猫もいるので犬よりも精神的なケアが必要になってくる猫もいます。外に出ている猫にとっては蚤や疥癬は二次的な細菌感染を惹き起こす原因となり、非常に不快な痒みを引き起こします。また、人間にも寄生し、さまざまな病気を起こすことが解ってきています。そして皮膚糸状菌も猫にはよく認められますが、これも人間にも寄生する厄介なカビの一種です。
 近年、猫にはエイズや白血病のウイルス感染の罹患率が高まっておりウイルスの関与が考えられる皮膚病も重要視されてきています。一口に皮膚病と言ってもさまざまな原因や病態があり人間の住環境の変化に伴って犬や猫たちの住環境も変化しており以前には考えられないような皮膚病もありますのでなるべく速めに獣医師に相談すべきだと思います。

 

伝染病の予防ノミ・ダニの予防皮膚病の予防肥満による病気と予防口臭・歯石の予防フィラリア・寄生虫の予防

トップページに戻る

Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.