公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
ペット関連情報
写真
・
お知らせ
・
ペットの殿堂
・
ペットの予防
・
狂犬病予防
・
不妊助成事業
・
ペット豆知識
学校飼育運動
イメージ
お知らせ

4月〜6月は狂犬病予防定期集合注射期間です
市町村役場がお知らせしているお近くの会場で注射を受けましょう!


《狂犬病は怖い伝染病》

狂犬病は、人が一旦感染し発症すると100%死に至る重大伝染病です。
日本は世界でも数少ない清浄国ですが、日本の近隣国・地域では頻発しており、
人と動物、物資がグローバルに動いている状況では、いつ国内に侵入し重大な事態になるか
わかりません。狂犬病は犬だけでなく人も含めた哺乳動物は感染、発症しますが、
特に私たちが家族同様に接している犬に感染すると、人への感染リスクが極めて高くなります。
国内で発生させないためにも愛犬の予防注射は必ず受けましょう。





《集合予防注射は千葉県獣医師会が協力して行っています》

市町村が法律に基づいて行っている集合注射は、市町村から委託されて
千葉県獣医師会の会員病院の獣医師が各会場に出向いて接種業務を行っています。
獣医師会では、集合予防注射接種に伴う事故などに保険を掛け、慎重を期しております
最近「集合注射」と称して、獣医師会や市町村とは関係のないグループなどが
新聞折り込みチラシで宣伝していますが、注射後に犬の具合が悪くなった場合の対応に
問題があります。

◆犬の予防接種は、丁寧に対応している
千葉県獣医師会から指定されている病院や獣医師に行ってもらうのが
安心、安全です。


最寄りの千葉県獣医師会所属会員病院にご相談ください。

会員病院一覧はこちら


犬は、登録(犬の生涯に1回)と、
狂犬病予防注射(毎年度1回)が法律で義務付けられています。

■用意するもの

▼登録を受けている場合(平成7年度以降)

▼登録を受けていない場合(平成7年度以降)

  1. 登録が確認できるもの(市町村からのハガキ、平成7年4月1日以降交付の鑑札)忘れた場合は時間がかかります。

  2. 問診票(通知書に印刷されているものもあります。必ず、各自記入してきてください)。

  3. 料金(下記を参照)

    狂犬病予防注射済票
    交付手数料

    550円

    狂犬病予防注射手数料
    (集合注射会場の場合)

    2,950円

    合  計

    3,500円

  1. 集合注射の場合は、狂犬病予防注射の接種、登録、鑑札、注射済票交付の手続きがその場でできます。

  2. 料金(下記を参照)

    犬の登録手数料

    3,000円

    狂犬病予防注射済票
    交付手数料

    550円

    狂犬病予防注射手数料
    (集合注射会場の場合)

    2,950円

    合  計

    6,500円

・

■注意事項

  1. 犬が死亡したり、転入等により登録事項(所有者、所有者住所、氏名、犬の所在地)を変更した場合は、犬の所在地の市町村窓口に事前に届け出てください。

  2. 集合注射を各会場にて受けられる場合は、犬の健康状態を正確に把握するため、飼い主以外の方やお子さんだけの来場はご遠慮下さい。

  3. 犬のフンを始末する袋などをご用意して下さい。

・

■健康な犬だけです

予防注射は健康でなければ受けられません。
下記に該当した場合には集合注射会場での注射は
受けられない場合があります。

  1. 病気で治療中の犬。健康上問題があると思われる犬。

  2. 今までに予防注射を受けて、体調が悪くなった犬。(アレルギー等)

  3. 妊娠中、発情中の犬。

  4. 1ヶ月以内に他の予防注射を受けた犬。

  5. 犬が著しい興奮状態にある場合。

  6. 犬を保定する(押さえる、あるいは静かにさせる)ことのできないとき。

  7. 人を噛んだことのある犬(狂犬病鑑定が済んでいない場合)

※注射が受けられなかった犬は、必ず獣医師に相談の上、
最寄りの千葉県獣医師会会員動物病院にて受けてください。
但し、注射料金は病院によって異なりますので、会員動物病院にお問い  合わせください。

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.