公益社団法人 千葉県獣医師会    
会員専用ページ
 
HOME  > 獣医師会について >県獣年次大会演題一覧
     
 令和元年度 千葉県獣医師会 獣医学術年次大会
 ◆獣医師会について
 沿革
 ◆95年宣言
 ◆情報公開
 倫理綱領
 ◆入会案内
 ◆小動物臨床分野
 ◆産業動物分野
 ◆公職衛生分野
 ◆県獣年次大会演題一覧
   平成30年度
   平成29年度
   平成28年度
   平成27年度
   平成26年度
 ◆関連資料
    
 
 小動物臨床部門 
1 肺高血圧症の治療中に三弁の腱索断裂を認めた犬の症例 前波 知輝 緑ヶ丘動物病院
2 肺水腫における一次診療での挿管下陽圧換気の有効性
の検討
浅沼 大祐 ミズノ動物クリニック
3 若齢かつ非典型的な症状で来院したリンパ腫2例 中村 麻里子 ミズノ動物クリニック
4 視覚障害を伴うGME(肉芽腫性髄膜脳炎)眼型から
播種性となったミニチュアプードルの1例
村田 佳輝 むらた動物病院
5 眼輪部発生の表皮向性高分化型リンパ腫が播種性
未分化型リンパ腫に芽球転換したパピヨンの1例
林 大輔 むらた動物病院
6 鼻梁部肥満細胞腫の切除後に口角動脈有軸皮弁を用いて
整復した犬の1症例
山崎 淳史 イオン動物医療センター
幕張新都心
7 鼻腔腺癌に対して超音波乳化吸引術を含む抗腫瘍治療
により寛解した犬の1例
田中 知樹 習志野動物医療センター
りょう動物病院
8 後大動脈内に腫瘍栓形成を認めた腎細胞癌を血流遮断
によって一括切除し得た犬の1治験例
長谷 往明 はせ動物病院
9 うさぎの気管挿管 気管チューブサイズの選択 富加見 則明 ふかみ動物病院
10 心エコー図検査にて心臓内に高エコー所見が認められた
高齢ウサギの1例
村上 和三 カトルズ獣医循環器科デリバリー
11 膀胱に確認されたクサガメの卵の一例 一ノ瀬 雄史 ラパン動物病院
12 診察時に攻撃行動を示す犬のトレーニングに薬物療法
を併用した症例
野口 ゆづる さきがおか動物病院
13 愛玩動物看護師法に関するアンケート結果からの一考察 清田 和花 千葉県中央家畜保健衛生所
 
 産業動物部門
1 管内2育成牧場における繁殖状況および発育調査 水野 ミキ 千葉県農業共済組合連合会
南部家畜診療所
2 乳牛における帝王切開術実施後の予後についての考察 遠藤 みちる 千葉県農業共済組合連合会
西部家畜診療所
3 ホルスタイン種乳用牛における血中総カルシウム濃度
と瞳孔反射との関連
舘﨑 恵理子 千葉県農業共済組合連合会
北部家畜診療所
4 ちばの酪農夏季生産性向上対策事業を活用した地域
指導体制構築とその取組
田中 なほ子 千葉県南部家畜保健衛生所
5 検査結果に基づく段階的な衛生指導による牛サルモネラ
症清浄化事例
中村 みどり 千葉県北部家畜保健衛生所
6 養蜂家参加型のアカリンダニ症講習会について 不破 友介 千葉県南部家畜保健衛生所
 公職衛生部門
1 子猫の一時飼養ボランティア事業について 竹田 憲生 千葉県動物愛護センター
2 牛の全身性腫瘍の検査状況について 太田 茉里 千葉県東総食肉衛生検査所
3 食鳥検査時に大腸菌症が多数確認された事例への対応
について
堀江 舜介 千葉市保健所
4 食鳥肉におけるカンピロバクターとサルモネラの検出
状況と分離菌株の薬剤感受性
吉原 純子 千葉市環境保健研究所
 動物看護師部門
1 ONE TEAMで取り組んだ犬のスキンケアセミナーに
よる飼い主の意識改革
長谷部 翔 習志野動物医療センター
りょう動物病院
2 動物病院における保護猫譲渡会開催の役割 小松原 里英 幕張ビーンズ・ペットクリニック
 
 活動内容  動物病院を探す  ペット関連情報  会の活動を支える  各種お知らせ  獣医師会について
 負傷動物救護
 傷病野生鳥獣救護
 マイクロチップ
    普及促進

 わんわんパトロール
    運動

 福祉介護犬支援活動
 動物愛護活動
 学校飼育動物
 社会科研修
 実習生受入
 会員動物病院一覧
 傷ついた動物を
  保護したら

 傷ついた野生の
  鳥獣を保護したら

  
 狂犬病予防接種
 ペットの病気
 ペットのしつけ
 災害時のペットの対応 

 賛助会員紹介
 賛助会員入会案内
 募金ご協力の
     お願い
 学会・セミナー情報
 人と動物の絆基金
 アクセス
 リンク
 個人情報保護方針

 サイトポリシー
 沿革
 95年宣言
 情報公開
 倫理綱領
 入会案内 

 小動物臨床分野
 産業動物分野
 公衆衛生分野
 県獣年次学会
   抄録一覧

 関連資料
 公益社団法人 千葉県獣医師会
 〒260-0001 千葉県千葉市中央区都町6-2-15
 TEL 043-232-6980
copyrightⒸ  2002- Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.